読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哀れで笑える相合傘

f:id:ukine:20170211094630j:plain

艶二郎という商家のドラ息子、男前とはほど遠い人物なのだが、浮き名を立てたいとカネにあかせてあれこれ企てる。
まずは、はやり歌のレパートリーを広げておこうと、これが数十曲。女たちからの艶書もほしいと、偽造して部屋の状差しにはさんでおく。さらに浮気男の証拠にと、相手もいないのに両腕から指のまたまで入れた女名前の入れ墨が二十、三十。近所の芸者をカネでやとって、「艶二郎さんの女房になりたい。それがだめならせめて飯炊きをさせて」と我が家に駆けこませたりもする。
これほどやっても浮き名が立たないので、読売に噂を書かせて江戸市中にばらまくが、町内でさえ噂は広がらない。
こうなったら女郎買いしかないと吉原に繰り出して、ここでもあれこれやるのだが…。
しかし、せっかく外で遊んできても、家でやきもちを焼かれないのでは張り合いがない。そこで近所の年増女を妾にかかえると、こんどばかりは「それほど女に惚れられるのいやなら、そんないい男に生まれつかなければよかったのに」としっかり焼いてくれる。
どたばたはエスカレートして、艶二郎は心中を思いつく。色男として名をあげるには心中にしくはない、と。
いやがる女郎を、心中イベントを首尾よくつとめてくれたら好きな男と添わせてやると大金で身請けして、心中道行のさまはあとで歌舞伎に仕立てて上演させるつもり。小屋主には上演の資金を約束し、人気作者に台本を頼み、主演の役者の起用も決める。
芝居で見るような心中者にふさわしい揃いの衣装から、自殺のための脇差し、辞世の句まで準備おこたりなく、ただしカネで身請けしたと見られては色男らしくないから、足抜けのていを装って二階から女郎を連れ出し、茶屋、船宿、太鼓持ち、芸者らににぎやかに見送られて、あとはうれしい二人だけの道行という段取り。
もちろんウソ心中だから、どたんばで友人たちに引き止められて思いとどまるストーリーなのだが、そうなる前にどろぼうに襲われ、身ぐるみはがれましたというのが上の図。

以上、山東京伝の絵入り小説『江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)』(『黄表紙 洒落本集』所収)による。道行を襲ったどろぼうは、じつは親が手配したヤラセで、これを機に艶二郎は心を改め、身請けされた女郎も艶二郎が醜男なのをがまんして妻におさまり、もともと裕福な商家なのだが末もますます繁盛しましたというめでたい結末。べつに哀れでもないか。