読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『四天王楓江戸粧』一条戻橋の場

芸能 歌舞伎

袴垂の安(はかまだれのやす)を名乗る男娼が、

アゝ、寒い晩だワ。アゝ、人間は心がらだ。誰あろう平井の保昌が弟平井の保輔ともあろう侍が、どういうことか刃物を見ると、そぞろ髪の立つほど恐ろしくて、いまいましい病。(…)兄保昌が、役に立たずと見限って屋敷を勘当、今では小盗み、小働き(…)

と自分の身の上を嘆きながら、仕事場所の一条戻り橋のたもとに現れる。
さっそく薄明かりのなかで客の袖を引くと、相手は男。
そうと知った安は相手を引き寄せて絞め殺し、財布を奪って、死骸をそばの井戸に投げ込む。

「味な心になったから」と夫を亡くした女が男を求めてやってくる。夫の種を腹に残した産み月まじかの妊婦。
ところが安とともに小屋に入った女は、「こんな器量の若者が男娼とは」と同情して「買うのはやめた」とカネだけ渡し、さらに着てきた着物、帯までぬいで与え、来月子供が生まれたらそれもあげようと言って帰っていく。

やがて身分ありげな老女が現れる。打ち掛けのたもとを安が押さえると、それは母の幾野。「こいつはいられぬ」と逃げかかる安に、幾野は、

これ辻君殿、コリャそなたは年寄りにそちから遊んで行けと言いかけて、ここを逃ぐるは手がわるい。サ、遊んで行きましょうわいのう。

と迫る。安は逃げ腰だが、さらに幾野が迫ると、

ハイ、お遊びなされませ。お屋敷さまのお寝間にはむさい番屋の二畳敷き、掛川呉座に引ききりの枕二つは比翼連理、軒もる月を有明の川風寒き床入りも、ご承知ならばお婆さま、ちょっと遊んでくださりませサ。

『四天王楓江戸粧(してんのうもみじのえどぐま)』は鶴屋南北を筆頭作者とする共作だが、上の「一条戻橋の場」は南北自身の筆と見るのが定説。南北らしい奇想と冗談にあふれた場で、ほかにも、政変で御所を追い出された公卿が新米の男娼として出てきて、

しからば小路にたちあかさん、のんしのんし。
立ち寄りたまえ、乙女の姿しばしとどめん。ヱゝ、なんすなんす。

と、いかにもそれっぽい口上で客を引いたり、坊さんに買われたその公卿が「尻はいやだ」と逃げ出したり、赤ん坊を抱いてやってきた子守むすめが「水揚げ」をしてもらっているあいだに、犬が赤ん坊をくわえて行ってしまうなどの笑いがつめこまれている。

ついでだが、南北は七五調もいい。浄瑠璃の作詞は人まかせだったらしいが、台詞の七五調には俗悪な抒情とでもいうようなものがあり、「ハイ、お遊びなされませ」以下などは読み返すたびに笑える。この引用箇所は流麗でもあるが、力強さが際立つのが南北の七五調。

相合傘小史

風俗 歴史 相合傘

「パリの相合傘は19世紀前半からか」と前のエントリーで書いた。では、日本はいつごろからか。

だんとつに早い例は次のもの。ただし、これが相合傘のことならばだが。

君と我、南東の相傘で、逢はで浮き名の立つ身よの
- 小野恭靖「『隆達節歌謡』全歌集」

「慶長四年八月豊臣秀頼献上本下書」という文書にあるという。
「南東(みなみひがし)の相傘で」の意味がわからないが、全体としては「離れていて会えないのに、浮き名ばかりが立つことよ」くらいの意味か。同じ歌が『日本庶民文化史料集成』第五巻に収められているという。
文書の日付である慶長4年(1599)は関ヶ原戦の前年。ほかの例に比べて早すぎし、意味も理解できていないので、これが最初期のものかは保留。

絵画などでの相合傘のはじまりを論じた次の研究がネットで公開されている。
- 金志賢「相合傘図像の源流を探る-井原西鶴『好色一代男』と菱川師宣『やまとゑの根元』の間」
これによると、大阪で出版された『好色一代男』(1682年)の江戸における焼き直し版である『やまとゑの根元』(1688年)で描かれた相合傘が、今のところ最初期のもの。また、同時代の英一蝶にも相合傘の図があるとのこと。

『江戸語の辞典』は用例として次の『津國女夫池』をあげている。時代が下れば用例はいくらでもあるから、最も古そうなものをあげたのではないか。近松門左衛門の『津國女夫池』は1721年初演の人形浄瑠璃

君と淀とが、相合傘の袖と袖、煙草恋草伽となり、煙吹き交ぜちらちらと、頭に雪の置き頭巾…

ネットでみつけた最も早い時期の画像は、次の石川豊信の浮世絵。原題不明だが、英文によれば「恋人役の佐野川市松と瀬川菊次郎」。1752年の作という。
f:id:ukine:20170225070604j:plain
- Honolulu Museum of Art » Sanogawa Ichimatsu and Segawa Kikujirö as Lovers

以上の例(少ないが)で考えると、相合傘は17世紀の末ぐらいから人々に意識され、18世紀前半に言葉として定着したのではないか。

相合傘関連記事:
- 相合傘の逐語訳
- 相合傘における男女の位置関係
- 哀れで笑える相合傘
- 男同士の相合傘
- パリの相合傘、はじまりは19世紀前半か

[2017-02-26 追記] 上の浮世絵より数年前と見られる版画。
f:id:ukine:20170226071225p:plain
- Shared Umbrellas, a Triptych (Aigasa sanpukutsui) | Museum of Fine Arts, Boston

1740年代の紅摺絵。タイトルは「相傘三幅対」。
若い女性客をあてこんだ刷り物という感じがする。いいなあ、あたしもこんなことがしてみたい──といった客層。三幅対の真ん中に町人風の男女を置いたのも、客層に対応したものか。
どの人物も顔が優しくて女性的だが、左側の図(「右」とあるが)の一人は刀を差しているから男だろう。一本差しだから町人かもしれない。右側の図は女同士か。
万月堂は姓名・経歴不詳の浮世絵師という。

パリの相合傘、はじまりは19世紀前半か

風俗 相合傘

1910年にパリで発表された『広い襟ぐりとあげ裾』の一節。(『パサージュ論』第1巻から孫引き)

今やもう扇子ではなく、傘である、まったく国民衛兵的国王の時代にふさわしい発明だ。恋の戯れに好都合な傘! 目につかない物陰がわりの傘。

男女が人目に隠れていちゃつく小道具として、「国民衛兵的国王の時代」にそれまでの扇子から傘が取って代わったという。
著者のジョン・グラン=カルトレ(1850-1927)は、政治、風俗、歴史と広い分野を手がけたフランスのジャーナリスト。「国民衛兵的国王」がルイ=フィリップ(在位1830-1848)を指すとして、パリまたはフランスにおける相合傘のはじまりは19世紀前半ということになる。

これは19世紀後半、1877年に描かれたパリの相合傘。
f:id:ukine:20170222053953j:plain
- Gustave Caillebotte - Jour de pluie à Paris - Rue de Paris, temps de pluie — Wikipédia